「もうすぐバレンタインなので。」

そう言って、先週、

生徒Fさんがさり気なくお差し入れくださったのは

おお、デメルの・・

・・あっかんべーした猫ちゃん達!

 

❝ラング・ド・シャ(猫の舌)❞かな?

と思ったら、そうではなくて。

 

❝ラング・ド・レ(金色の舌)❞、チョコレートでした。

確かに、パッケージの猫ちゃん達の舌も金色✨に輝いています。

2/14のバレンタインを迎えた今日、

レッスンにいらした生徒さんや、

娘と一緒に

美味しくいただきました。

Fさん、ありがとうございました✨

余談ですが、

「舌」というのは「味わう」だけでなく、

「話すこと」にも関わる器官ですよね。

 

「金色の舌(ラング・ド・レ)」の「舌(ラング/langue)」から、

おそらく「言葉・言語」の「ランゲージ(languege)」という単語も

派生したのだろうなとも思ったり。

私は講師の仕事をしていますが、

「伝わるように話すこと」というのは

いつになっても、本当に難しいなぁと思います。

 

いわゆる「伝える技術」ということでしょうけれど、

何年経っても、まだまだ、まだまだ。

 

私も❝金色の舌❞のような域で

話ができるような人になりたいな~!

ペロリン。

舌を出した猫ちゃん達から、

「そんなに気負わず、頑張りにゃ~」と

言われたような気が(勝手に)しました。

うーん、何度見ても可愛い!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事