\ピックアップ/

こんにちは。渋谷区代々木のStillaアロマテラピースクール アンド サロン主宰、NARD JAPAN認定アロマ・トレーナー&アロマ・セラピスト 富田ゆかです。

「Today's AROMA」では私の日々のメディカルアロマのレシピや体験記をアーカイブしています。

 

昨日は本当に暑かったですね〜。
と思ったら、今日はもっと暑くなりました‥!!

皆様、暑さ対策、お互い気をつけて参りましょう。

 

私の夏のマストハブアイテム ”ハーブウォーターミスト“。

暑い日の外歩きには欠かせません。

 

昨日は運転免許更新の用事があり、
このミストをバッグに入れて
新宿の東京都庁まで歩いて行ってきました。

ヒートアイランド現象とビル風で、砂漠のような暑い風が‥!

暑いなーと思ったら
腕にシュッ。首筋にシュッ。

打ち水効果🚿✨✨

ノンアルコールのミストなのだけど、気化熱で結構涼めるんです。

汗ばむお肌にスプレーしてこまめに拭き取れば、バイ菌の繁殖を抑えて爽やかなお肌を保てて、香りで気分転換も。

夏のハーブウォーターミスト

作り方は、技いらず。

お好きな香りのハーブウォーター(芳香蒸留水)をいくつか選び、それぞれお好きな割合でスプレー容器に入れて、混ぜるだけ。

ハーブウォーターであれば、どの種類で作ってもOKです。
1種類で作ってもOKです。
となると、作るというより小分けですね。

私も長年愛用しているKENSO(健草医学舎)の国産ハーブウォーターシリーズから

今回は

✔︎ペパーミントウォーター
✔︎レモンバーベナウォーター
✔︎レモングラスウォーター

の3種類を選びました。選んだ理由は投稿最後のMEMOをご覧ください。

ブレンドバランスは、2:1:1くらいだったかな。本当に適宜・適当でOKです♪

ハーブウォーターミストを作ったら、ご自宅では冷蔵庫に保管して1週間程度で使い切りましょう。
(KENSOハーブウォーターは防腐剤フリー、アルコールフリーのため。)

 

ブレンド内容は傾向はあるけれど必ずこうと決まっているわけでもなくて、ラベンダーやローズのウォーターなども入れる日もあります。

一緒にネロリウォーターもブレンドすると、一気に夏向きのフレグランスといった雰囲気の香りになります。

最近KENSOネロリウォーターがメーカー欠品中で手元になくて今回はブレンドできませんでしたが、販売再開されたらネロリウォーターも夏の季節のミスト作りにおすすめの1本でした。

 

ハーブウォーターで作るミストは、アロマ初心者の方にもとても気軽に活用していただけるものでおすすめですよ。

また、お好みの香り✖️効果を意図してハーブウォーターのブレンドができる方は、その時々でお手元にある種類を上手に活用して、ご自身のレシピをぜひ楽しく発見してみてはいかがでしょうか。

 

アロマのある暮らしで、今年の夏もサラリと心地よく過ごしましょう♫

 

MEMO

🌿ペパーミントウォーター

精油よりも断然香りが甘く柔らかく、ふんわり香るメントールが絶妙に爽やかで夏にぴったり。ひんやりしゃっきり、火照ったお肌を引き締めてくれます。保湿ケアにもおすすめの種類です。

🌿レモンバーベナウォーター&レモングラスウォーター

それぞれリラックス感あるシトラス調の香りが心を鎮め、なんとも良い感じに私たちを癒してくれます。
どちらも抗ヒスタミン作用のあるゲラニアール、ネラール(いずれもテルペン系アルデヒド類)を微量に含み、お肌の炎症や痒みのケアにおすすめです。
ただ、この2種類のハーブウォーターはお肌が敏感な方にはこの2種類はそのままの形で使わず、他の種類のハーブウォーターや精製水で十分に希釈すると安心です。(お肌に合わない場合は使用を避けましょう。)
微量ですが、ゲラニアールネラールを含むことにより刺激性を生じる場合があるためです。

 

 

 

暮らし、仕事、人生。すべてに活きるアロマの資格と知恵を。

Stillaアロマテラピースクール アンド サロンでは、NARD JAPAN認定アロマ・アドバイザーコースアロマ・インストラクターコース毎月開講/定期開講しています。

今日も様々なバックグラウンドをもつ方々が、Stillaの教室Zoom心と身体の健康と美しさに役立つメディカルアロマを楽しく学ばれています。

■ NARDアドバイザーコース■
8月-9月開講
■NARDインストラクターコース■
夏期 (8月) 開講
随時開講*受付中*

🔻各コースの詳細・募集要項はこちらをご覧ください。

  

各資格対策コースのご受講をご希望・ご検討中の方は、まずは【開講説明会】にてご相談ください。教室とZoomで開催中です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事